セラファム創喜の算命学ブログ

算命学10分レッスン(417日目)陽占で見る夫婦の関係

算命学10分レッスン(417日目)陽占で見る夫婦の関係

 

 

占で見る夫婦の相性

教材をお持ちの方は、Vol 2 24P27Pをご覧ください)

この占いは、現実に社会生活を送っている夫婦の相性を占うものなので、陰占は使用せず陽占のみを使います。

人体星図に表される十大主星には、それぞれ定位置があります。

十大主星の定位置

北方・・・龍高星・玉堂星

南方・・・鳳閣星・調舒星

中央・・・禄存星・司禄星

東方・・・貫索星・石門星

西方・・・車キ星・牽牛星

これが中央(自分)を中心とする自然の気の流れ(相生相剋)の基本となります。

十大主星の気の流れの基本

生関係は

・中央と西方

中央と南方

相剋関係は

中央と北方

中央と東方

、同座型夫婦の例

 陽占で同座型・違座型を判定するには、中央と南方と西方の関係だけを使います。

1)

生型同座夫婦

:中央が司禄星、南方が牽牛星、西方が鳳閣星

・司禄星→牽牛星

・司禄星←鳳閣星

どちらも相生関係で、自然と一致します。

:中央が玉堂星、南方が車キ星、西方が石門星

玉堂星←車キ星

玉堂星→石門星

どちらも相生関係で、自然と一致します。

この関係が、相生型同座夫婦です。

ただし、矢印はどちら向きでも構いません。

2)

剋型同座夫婦

:中央が禄存星、南方が玉堂星、西方が龍高星

禄存星↛玉堂星

禄存星↚龍高星

どちらも相剋関係で自然と不一致です。

:中央が鳳閣星、南方が玉堂星、西方が玉堂星

鳳閣星↚玉堂星

鳳閣星↚玉堂星

どちらも相剋関係で自然と不一致です。

この関係が、相剋型同座夫婦です。

次回は、違座型夫婦を解説します。

2014-07-29 創喜