セラファム創喜の算命学ブログ

算命学10分レッスン(424日目)恋愛鑑定

算命学10分レッスン(424日目)恋愛鑑定

 

 

モデルCのカップル

女性の日干は『乙』ですから、干合する干は『庚』です。

今年は甲午ですから、が『庚子』で干合の年が回ってきます

大運は、9才運の逆回りですから、今の大運は29才から38才までの庚子です。

丁度干合の大運に入って4年経っていますから、前回の庚の年を探しますと『庚寅』が4年前に巡って来ていました。

この年は今の大運に入る1年前ですが、辛丑の大運(逆周りの大運)ですから準干合の状態でした。

つまり、今の彼(この方も日干は『乙』)と出会っているのではないかと考えられます。

しかし、出会いの占いは11›2ですから、お付き合いが始まるまでに、何か大きな障害を乗り越えています。

その障害の主な原因は、彼がCの女性との関係において追随型で、恋人という意識が薄く、仲間または仕事などの頼れるパートナーとしか認識していなかったことが原因だったのではないでしょうか。

恋人関係になるまでは少し手間がかかりましたが、女性の情熱で恋人関係になると、素敵な恋愛関係を築いて来られました。

しかし、女性が結婚したいと望んでいるのに、彼が結婚に消極的です。

彼の命式には干合乙と干合する庚も準干合の辛もありませんので、結婚にあまり縁(興味)が無いのです。

また、行動のパターンも少し違います。

宇宙盤では同居型夫婦です。

あなたは、何かの結果を踏まえてそれを分析することが好きなのですが、彼は、結果から次の行動の考える(発想する)ことが好きなのです。

しかし、それは思いつきの発想ですから、実行には至りません。

言い換えれば、あなたは反省型で現実をしっかり見つめますが、彼は現実の結果にめげることのない未来志向型となります。

結婚そのものも11›2で、かなり難しく、あなたの思いが届かず歯がゆく感じるでしょう。

、あなたは悩んでいると思われます。

もし、この彼と結婚しているとすれば、違座型夫婦となり、結婚生活に問題が出ています。

もし、結婚していなければ、去年辺りに少し気になる人が現れていますので、結婚を受け入れない彼と別れようかとも考えているかもしれません。

しかし、相手が同じように干合しているので、結婚を巡ってお互いにぐずぐずしてしまいます。

判定

年に気になる人が現れていますが、その彼が今の彼かどうかはわかりませんので、先述のように推測しました。

もし今の彼が昨年に知り合った方(命式モデルの男性)なら、この方との結婚は出来ないでしょう。

結婚しても別れることになります。

本当に良い人が現れるのは、来年から7年後の間です。

7年後は大運が『庚子』で年運庚子』が後天運として回る時です。

また、昨年『癸巳』の支『巳』の28元の中元に『庚』があり、再来年の丙申の中の28元申の中にも『庚』がありますので、この大運で良い人が現れる可能性も大です。

今の彼とは28才前後『庚寅』での出会いだと思いますが、とてもよい恋愛関係を築いていると思います。

しかし、あなたの命式には正夫のエネルギーがなく、偏夫のエネルギー(辛)が1つです。

そして、今の彼には正妻のエネルギーも偏妻のエネルギーもありません。

そのため、命式表から読みますと、今の彼について、「理想の相手と感じられ、結婚したいと強く思っている」とは思いますが、 ここは、心を自由にして次の出会いを待つということをお勧めします。

面倒見の良いあなたは、はっきり自分の意見を言わず少しなよなよとした感じ、それでいて頑固さを持つ男性に魅かれるでしょうが、算命学を信じて、しっかりとした相手を選んでください。

もし、彼と結婚済みであったなら、何らかの改善策を取る必要があります。

この方との間には、男の子1人の子宝に恵まれます。

ちょっと厳しい鑑定になりましたが、将来、必ず素晴らしい出会いがありますので、くどいようですが、彼にこだわるのは押さえ、心をフランクにしておいてください。

難しいでしょうが。

次回は、カップルDさんのファイナルです。

2014-08-07 創喜