セラファム創喜の算命学ブログ

算命学10分レッスン(426日目)恋愛占い

命式表の読み取り

女性の日干は『辛』ですから、干合(夫のエネルギー)は『丙』です。

この干が女性の命式の中に見当たりません。

陰陽の違いの『丁』も見当たりませんので、配偶者を得るのは難しいということになります。

しかし、結婚できないということではありません。

夫婦とは単なる法的な手続き上の関係ですから、一般的な夫婦の形にとらわれない結婚は可能です。

一方、男性の命式を見てみますと、日干は『己』ですから、干合は『甲』です。

は男性の月干にありますから、自分の家系と干合していると見ることができます。

また、陰陽の違いの『乙』は日柱と月柱の1つづあります。

このカップルは、出会いから恋愛、結婚へと進む道筋は順風満帆ですが、結婚してから家絡みで少し問題がでることが予想されます。

話しがそれましたが、出会いの時期にを見て行きましょう。

あなた大運は9才運で1981年生まれですから、今の大運は『丙戌』、干合の大運に入って5年目です。

前回の丙の年は8年前ですから、今のパートナーの男性とは昨年『巳(28元に丙を含む)』の年に出会ったのではないかと推察します。

このままこのパートナーとのお付き合いが続き、3年後に結婚することが予想されます。

あなたの場合、現実としてパートナーがすでにいらっしゃいますので、このような鑑定になるのですが、もしパートナーがいなければ、3年後に良い人との出会いがあると占います。

この彼との結婚後の好ましい状況は、彼の実家で家族との同居です。

しかし、彼の天中殺が子丑ですから、家系を継ぐという行為とは矛盾します。

また、あなたは天印星が中年期にありますから、養子養女の星(他家に入る)です。

れら矛盾しますので、結婚生活はお互いがよほどの覚悟をして、改善策を講じない限り長続きしません。

もし結婚して、この結婚は合っていないと思ったら、さっさと別れたほうが良いのです。

結婚は絶対のものではなく、人生の経験の一つだくらいに考えて、無理に結婚生活を続ける必要はありません。

あなたには干合がないのですから、そのくらい気軽に考えられれば、意外と結婚生活も上手く行く可能性もあります。

ただし、あなたの日干支が『辛亥』ですから、木質の『甲・乙』が必要です。

結婚も大切ですが、自分を自分らしく輝かせることを最優先することで、周りの人もあなたに注目するようになります。

御免なさい。もっと書いてあげたいのですが、文字数が多くなってしまいますので、今日はこれくらいで。

次回は、カップルFです。

 

モデルのカップル

命式表

女性

 月 年         石門星 天将星

 己 庚   調舒星 龍高星 石門星

 丑 申   天恍星 龍高星 天印星

 己 庚

 辛 壬

 癸 戊

48 26 57

男性

 月 年         司禄星 天印星

己 甲 壬   龍高星 車キ星 鳳閣星

未 辰 戌   天南星 牽牛星 天堂星

 乙 辛

 癸 丁

 戊 戊

56 41 59

2014-08-11 創喜