セラファム創喜の算命学ブログ

算命学10分レッスン(435日目)数理法その3

算命学10分レッスン(435日目)数理法その3

 

気図法(教本10P・11P)

宿命(陰占)に与えられたエネルギーを、自然の形で配したものを気図法と言います。

人が天から与えられたエネルギーです。

このエネルギーの合計は、その人が現実を生きるパワーの強弱を表しますが、人生の良否ではありません。

パワーの大小を知ることは、自分に合った生き方(仕事など身の処し方)を選択することができ、無理無く自分らしく生きられます。

合計された数字の意味は、以下の通りです。

 

・150点未満

持ち合わせているエネルギーが弱いため、生活力も低くなります。

天からの気を、上手に取り入れるような訓練をすると良いでしょう。

『気』を使ってするような仕事、例えば気功士や自営業などの仕事には向いていません。

 

・150点~200点未満

現実社会への対応がしやすく、体制(出来上がった社会組織)の中で平穏な生活を送りやすい点数です。

主婦として最適なエネルギー量なので、女性のエネルギー量としては最適です。

 

・200点~250点未満

最も平均的なエネルギーです。

 

・250点~300点未満

現実的な世界で、かなり強いエネルギーを発揮できますので、政治家や事業家などバイタリティーを必要とする仕事向きです。

押し出しが強いので、サラリーマンとしても営業職に向いています。

女性がこのエネルギーを持つと、家庭に収まっていられず、外で活躍する女性になります。

 

・300点~350点未満

エネルギーが大きいため、自分の肉体でエネルギーを消化しにくく、体力が消耗してしまいます。

エネルギッシュな気力はあるのですが、体力がついて行き難い状態です。

気功士など『気』そのものを利用した仕事をすると良いでしょう。

私の経験として、300点以上の人から鑑定を依頼されたのは、これまで3人の方のみでした。

非常に希だということです。

 

・350点~400点未満

普通の肉体では、このエネルギーに耐えられず持て余してしまいます。

気力が大きく体力を上回るので、肉体的に無理をしがちで、怪我や病気が多くなります。

私は、まだ350点以上の人にお会いしたことはありません。

 

・400点以上

エネルギーが強すぎるため、人間として普通の生活ができにくく、このパワーに肉体や神経が耐え切れません。

自己破壊が起きやすくなります。

現実としては、普通に生きて行けないので、心身ともに大きなハンディキャップを負ったり、命を落したりします。

 

<補足>

先回算出しました排気量ですが、総エネルギー量の3分の1くらいが程よいバランスです。

例えば、総エネルギー量が250点ならば、程よい排気量は8点前後ということになります。

これより少ないと、内に溜めやすい人で、心に葛藤を抱えやすい人と判断できますから、もっと自分を表現しなさい、とアドバイスすることが出来ます。

また、排気量が多い人は、頑張りすぎて疲れやすい人と鑑定できますので、もう少し頑張りを抑えてください、などとアドバイスすると良いでしょう。

 

例)

総エネルギー量  236点

排気量       4,6点

この人は、排気量が少ないので、内に溜めやすい人ですから、日々の生活の中で相当なストレスを感じ、それを溜めています。

長くこういう状態を続けると、病気になってしまいますので、自己を発散できるような方策を講じることが必要です。

スポーツをするとか、何でも言い合える友人を作るとかです。

 

次回は、八門法の意味です。

2014-08-25 創喜