セラファム創喜の算命学ブログ

算命学10分レッスン(442日目)数理法その6

算命学10分レッスン(442日目)数理法その6

 

八門法の読み取り

八門法は、数理法により陰占命式から算出された数値を、自分だけの五行に置き換えたものです。

数値の大きな位置が、命式所有者の特徴ということになります。

(同点の場合は、生じられる方か、剋す方が優先です。)

それぞれに名前があります。

命式所有者が何型かがわかれば、職業選択の参考になります。

 

・北方の数値が高い人・・・玄武(げんぶ)型(色は黒)

意味

 学問の裏付けがあり、理論や技術がしっかりした芸術家タイプの学者。

 成功の道は、人間関係を大切にすることです。

 スポンサーを得たり、世間から甘やかされたりしても、自分を失うことなく目的に向かって行ける人です。

 

・西方の数値が高い人・・・白虎(びゃっこ)型(色は白)

意味

 一匹狼タイプで、会社などの組織に入っても、技術者や特殊な才能で個人的な仕事を任せられ、伸びて行きます。

 常に周りから厳しい批判を受けると、それをエネルギーにして伸びますが、褒められたりすると成長しなくなってしまいます。

 やる気の原動力は、換言すれば攻撃されることなのです。

 

・中央の数値が高い人・・・謄蛇(とうだ)型(色は黄色)

 意志の力が強く、いつも自分が中心でないと気が収まりません。

 そのため、孤立無援になりやすく、助けられてもいじめられても動じません。

 政治家や事業家などの職業に向いています。

 

・東方の数値が高い人・・・青龍(せいりゅう)型(色は青)

 常に損得勘定をする人なので、商人に向いています。

 反面、チャレンジ精神もあり、腕白坊主のような要素が強い人です。

 

・南方の数値が高い人・・・朱雀(すざく)型(色は赤)

 大衆的な芸術、例えば芝居の役者、インテリアデザイナー、建築家などが合っています。

 教育者、医者、宗教家なども合っていますが、この型の人の運勢は、環境によって激しく上下してしまいます。

 

色については、その人が無意識的に好きな色です。

 

次回は、気数法です。

2014-09-04 創喜