セラファム創喜の算命学ブログ

算命学10分レッスン(526日目)自然との対比

算命学10分レッスン(526日目)自然との対比

 

干支番号12番『乙亥』

 

乙亥を自然界に例えると、小さな水(亥=池や小さな川)の上に草や花(乙)が浮かんでいる状態です。

根が地についていないため、水の動きに合わせあちこちに移動します。

また、この日生まれの人は、子供時代に家庭が乱れたりします。

そのため、生まれた家系ではなく、養子に行って他家に入り運を伸ばします。

乙亥は、天中殺理論から日座天中殺にあたり、精神的な苦労をしやすくなります。

 

★吉星

甲・・・石門星

乙・・・貫策星

寅・・・天将星

卯・・・天禄星

丙・・・調舒星

丁・・・鳳閣星

戊・・・司禄星

己・・・禄存星

 

寅は亥と支合で天将星を生み出しますから、面白い幸運を掴むことがあります。

 

★凶星

壬・・・玉堂星

癸・・・龍高星

子・・・天胡星

亥・・・天極星

 

巳は温かい火ですから、本人(乙=冬の水草)にとってはありがたく平穏に過ごす要素ですが、配偶者か子供との縁が薄くなります。

つまり、乙亥は日座天中殺であるため、本人自身が周りと不自然融合の状態であるということです。

普通の人と違った奇妙な生き方をするようになります。

 

日座天中殺

・生涯に渡って持病を持つ。

・人生のどこかで何かに苦しむ。

・子供時代、家庭に波乱が起きやすい。

・巳で、子供か配偶者との関係に問題が起こる。

・生まれたところに定住できない。

2015-02-02 創喜