ブログ通信講座受講生の体験鑑定

1961年12月12日生まれの女性

1961年12月12日生まれの女性

  己 庚 辛    

申 卯 子 丑 辰  

酉 乙 癸 癸 巳  

      辛

      己

  16 37 38

    鳳閣星 天庫星

車騎星 禄存星 禄存星

天胡星 調舒星 天馳星

 

1965年9月24日生まれの男性(ご主人)

  辛 乙 乙    

申 巳 酉 巳 寅  

酉 丙 辛 丙 卯  

  戊   戊

  庚   庚

  18 22 42

    禄存星 天極星

牽牛星 貫索星 牽牛星

天極星 禄存星 天禄星

 

この方の鑑定希望は特に書いてありませんが、ご夫婦の命式を送って来られたということは、夫婦関係の鑑定を希望されていると見て鑑定を進めて行きまます。

 

男女の関係を見る時には、まずお決まりの出会い指数、恋愛指数、結婚指数を出して結婚までの良否をみます。

 

出会い指数

妻 己×卯=4点 >夫 辛×巳=2点

差数が2点ですから、お互いが魅かれた出会いでしたが、どちらかというと妻の方が積極的にアプローチした感じです。

 

恋愛指数

妻 乙×卯=11点 =夫 丙×11点

同じ点数ですから、お互い相思相愛の素晴らしい恋愛関係だったと考えられます。

 

結婚指数

妻 乙×子=4点 <夫 丙×酉=2点

点差2点ですから、妻が主導した結婚だったようですが、お互いが納得し、周囲からも祝福された結婚だったようです。

 

各指数を見ますと、出会いから結婚までの行程に問題は無く、ほぼ理想的な流れだったようです。

その次に、お互いの命式の中に配偶者の星があるか無いかを見てみます。

妻の日干は己ですから、配偶者は干合する甲ですが、妻の命式の中に甲がありません。

甲と陰陽の違う同質の乙が日支の28元にありますので、これが夫のエネルギーです。

 

次に夫の命式中の妻のエネルギーを見てみますと、夫の日干は辛ですから、これと干合する干は丙です。

丙は、夫の命式の中に2つ、年支と日支の28元の中にあります。

夫の命式の中には2人の配偶者のエネルギーがあるということです。

つまり、夫は2度縁のエネルギーを持った人です。

 

少し夫婦の状態が怪しくなって来ましたが、宇宙盤を見ると第2と第3領域で重なりがありますので、現実的なことに関しては価値観や行動が共有できる夫婦です。

そして、天中殺が2人とも申酉ですから、全く家庭的ではありません。

いつも忙しい忙しいと、バタついているような生活を送っている可能性があります。

本人の出会い指数と恋愛指数を比べると、本人が感じている夫婦の力関係が分かります。

妻は4点と11点ですから、自分の力量を4点、夫の力量を11点と感じていますので、夫に頼る気持ちがあります。

夫はというと、自分の力量が2点、妻の力量は11点ですから、妻に頼る(甘える)ような気持ちでいます。

このご夫婦は、姉さん女房の夫婦ですから、男性が女性に甘えるのは当然と言えますが、夫の天干が全て陰干支ですから、宇宙盤とは裏腹に精神性の強い人です。

また、生月天中殺もありますので、現実社会と融合しにくい面も持っています。

 

ここまで見てきますと、少しぎくしゃくした夫婦関係を送っているような感じです。

では、夫婦の陰占・陽占の座型を見てみましょう。

妻は、陰占分離条件で陽占相生関係です。

夫は、陰占融合条件で陽占相剋関係です。

 

2人ともに違座型人間ですが、この占技には当てはまりません。

では、次に陽占だけで見る座型を見てみましょう。

妻 相生関係(自然と一致)、夫 相剋関係(自然と不一致)

判定は、違座型夫婦です。

意味は、妻も夫も結婚の犠牲者と言え、心が離れてしまいます。

暗い現象が表立ってしまう家庭になりやい。ということです。

 

今年は己亥ですから、とりわけご主人の日干支が対冲、年干支が天剋地冲になりますので、対応が難しい年になります。

一方、妻の日干支は半会になり、月干支と年干支を合わせて北方方三位になりますから、力量が強くなります。

また、2人の共通星として、陽占に禄存星が2つずつ出ていますので、この共通星を人生の目的に、夫婦という枠組みを外した関係(気持ちの上で)を構築すれば、同志的夫婦としてやって行けます。

しかし、世間一般の夫婦という形を望むのであれば、夫婦生活は残念ながら破綻する可能性は大きいとみます。

ただ、58才からの大運で、妻には守護神の丙が廻ります。

ある意味救われますが、仕事の方向には害も廻りますので、この時期は補佐役に徹することをお勧めします。

いずれにしろ、いろんな意味で、今年はご主人にとって正念場ですから、しっかり支えてあげると来年に繋がります。

 

算命学の占技を中心に見ましたので、無情に感じられるかもしれませんが、しっかりと現実を受け止めてください。

ご主人は思考と行動がかなり矛盾して見えますが、生月天中殺、全天干陰干支と宇宙盤の矛盾、半会を2つ抱え地支金質一気格になっている人ですから、性格のバランスを保ちにくい人だということを理解しておくと、ご主人の行動が少しは納得できるかもしれません。

(攻撃的な性格ではあるが、表に出せないので葛藤が多くなり、ノイローゼなどになりやすい)

 

体験鑑定は以上です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です