葵のYouTube

SNSの闇 テラスハウス木村花さんに何が起こっていたのか!

木村花
木村花

木村花さん 1997・8・3

天胡星があることが今回の件に大きく影響している。
(Aコース7回目 十二大従星)

彼女は食禄神格に入格している。

これはそもそも食べ物に困らないといういい格なのだが、大運に鳳閣・調舒が廻ると凶運になるというものがある。

11歳から大運に鳳閣・調舒星と廻ってきているため20年間凶運の時期に入っている。

働き始めるまでは親元のため現象としては本人には現れにくいが、

社会に出れば凶運は自分に降りかかる。

 

そして2018年からの大運が西と中央に害(亥申の害)

   2019年には年運に西と中央に害(亥申の害)

彼女にとって2019年からスタートしたテラスハウスは地獄のはじまりだった。

亥申の害(Aコース5回目)は肺や大腸、精神的な弱さに問題を起こす害。

実際に現象として起こるのは年運ですから、これが精神的に相当キツイ現象として出た。

 

今年に入って年運は半会半会支合、と融合条件になったタイミングで

ふわふわと地に足がついていない状態となり、空中分解。

自殺という結果になった。

うつ病占技の大運、半会が廻ってきていて、申申の比和を分離条件として考え、対象の年かなとも考えられるが、一応癸があり守護神廻りではある。ただこのように条件が重なっているので、鬱的な症状は間違いなく出ていたはず。

 

テラスハウスで男性に対してキレながら、はっきりとモノを言っているところを見ました。

これは推逆局  (局法早見表、Bコース8回目)

彼女は鳳閣星なので見たままをそのまま伝えている。

鳳閣は加工しない伝達

 

寅卯天中殺 陽転2位

彼女は家系を生じている

家系と律音 家系と離れられない運命

実際母親と同じ仕事についた

母親は丁で、父親の定位置にいる。

丁の干合は壬。壬は2人。

2人いるということは縁が薄いということ。

最初の父(インドネシア人)と、2016年に母親が再婚し父親が出来るが2018年に離婚。

命式通りの環境と言える。

葵のコメント

鳳閣星は伝えること。
彼女は自死でもってSNS社会の闇へ警鐘を鳴らしたようにみえました。
ご冥福をお祈りいたします。

創喜塾 葵

グリーンブック(教本)等の購入はこちらから

各種テキスト、コースのご案内もご覧いただけます。

本記事のYouTube動画はこちらです。記事と動画を繰り返し見て復習してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です