通信講座受講生の体験鑑定

1993年11月21日生まれの男性

【相談内容】

男性・未婚

仕事運と家庭運をみていただきたいです。

また、格について詳しく知りたいです。

よろしくお願い致します。

 

【命式】

 

  丙 癸 癸          牽牛星 天極星

寅 午 亥 酉 戌    調舒星 車騎星 司禄星

卯 己 壬 辛 亥    天将星 牽牛星 天馳星

  丁 甲         

  43 60 10

 

大運:初旬5才:壬戌  2旬目15才:辛酉  3旬目25才:庚申  4旬目35才:己未

5旬目45才:戊午  6旬目55才:丁巳  7旬目65才:丙辰  8旬目75才:乙卯

9旬目85才:甲寅  10旬目95才:癸丑

 

総エネルギー量:152  排気量:5.0 車幅:41 スピード:0.27

気図法…北:55 南:38 東:14 西:22 中央:23

八門法…北:14 南:23 東:22 西:55 中央:38   白虎型

 

まずあなたの性情や傾向を命式から見てみましょう。

陰占ですが、日干支が丙午ですね。冬生まれの方ですので比較的マイルドに見えますが、

天将星ですから本質的には非常に強さのある方です。

五行の質で見ますと、火質2、金質1、水質3です。金は水を生みますので、命式としては、水4と火2の形に準じます。あなたの場合は完全ではありませんが、水火既済にかなり近いタイプとみてよいと思います。

水火既済とは完全美を表します。

この形で完全なため、余分なものは身につきません。体も太りにくいです。水と火は精神を表す縦線ですので、物質面での関心が薄く、精神世界を追求する生き方になっていきます。あなたがその若さで算命学を学ばれているのは、そういった理由もあるのかもしれませんね。

 

エネルギー数は152と少な目です。エネルギー的な持久力はそれほどありませんが、その分精神的には判断の早さなど、切れ味の鋭いところが出てきます。

陰占の剋線は5個ありますので、ボーっとできずに人として鍛えられますし、目つきも鋭くなります。

陽占は、車騎や牽牛で攻撃本能の星が3つ。金質が3つになりますと、態度がコロコロ変わったり前進と後退を繰り返したり、傍から見ると、非常に落ち着かない不安定な人に見えます。

これらを総合しますと、一見おとなしそうにみえるあなたですが、周囲の人にとっては静かな圧力を感じさせるタイプかもしれません。

 

仕事運です。

八門は白虎型ですので、組織の一匹狼的な存在が一番力を発揮できます。専門職で任される職だとベストです。

叩かれれば叩かれるほど伸びるタイプですので、頑張りましょう(笑)

現在のご職業は分かりませんが、牽牛星と車騎星と司禄星の組み合わせがあること、才能としては東天運ですので、会社員として組織で力を発揮しやすく矛盾がありません。

名誉、名声にこだわるタイプと思いますので、働きながら様々な資格に挑戦して肩書を身につけたり、ステップアップを図るのも向いています。

あなたは晩年にいくにつれ本来の質が顔を出してきますので、それまでは組織で力を尽くして収入を得ながら人生経験を積まれていくとよろしいでしょう。

 

家庭運です。

あなたの日干の丙の干合相手の辛が、年支二十八元にあります。

年柱は社会の位置ですので、仕事場などで配偶者と知り合う可能性が高いでしょう。

15才からの大運では辛酉がまわっていましたので、自然と結婚を意識されていた運気でした。

25才からは現在の大運、庚申に切り替わり、まだ陰陽違いの異性の星ですから結婚への意識は続いていくものと思います。

年運を見ますと、来年は庚子、再来年は辛丑です。再来年に干合が回りますので、ここで知り合う方と結婚する可能性は高くなります。

 

グリーンブックをお読みになればわかると思いますが、丙午の方はあまり結婚運が良いとはいえません。結婚をしてはいけないということではなく、自分を活かす生き方をするには結婚は不向きということなのですが、そのような方はたくさんいます。

あなたと似たような運勢の女性と、普通にこだわらない夫婦や家族の形で生きていく、という方法もあります。

結婚という制度はあくまで国で定めた制度にすぎませんので、あなたらしい人生を生きるためのパートナーと巡り会えると良いですね。

Bコースに、恋愛占科や夫婦の座型で見る相性占技もありますので、ぜひ算命学を上手に活用しながら判断していってください。

 

格についてですが、あなたは偏官格の方です。

この格に入格している方は、大運で車騎星、牽牛星が回る時に特に注意が必要なのですが、あなたの場合は、5才からの大運で車騎星が既にまわっており、次に回るのは95才からの大運で相当後のことですので、ラッキーでした。

 

また、年運で車騎星や牽牛星がまわり、且つ、年運天中殺がまわり、且つ、月支に対冲や刑や害が重なる時は、運の落ち込みがかなりあります。

あなたの場合を調べてみますと、月支は亥ですので、分離条件がまわるのは、巳、申、亥の時です。

寅卯天中殺のあなたは、月支に分離条件が回る時は天中殺の時期ではありません。

こちらもラッキーでしたね。

 

よって、偏官格による運の落ち込みをそれほど心配する必要はありませんが、もし気になるようでしたら、車騎星や牽牛星がまわる年は、その力を削ぐような改善策をお勧めします。

車騎や牽牛を剋すのは、鳳閣と調舒です(火剋金)。また、命式に元々車騎や牽牛も多いので、車騎と牽牛の力を分散させるために、貫索星の質も同時に発揮させると良いでしょう。つまり、孤独にのんびりとマイペースに固めて生きる、という方法になります。

 

 

<鑑定まとめ>

丙午は「中天の烈光」と言い、いわゆる真夏の太陽ですので非常に強烈なエネルギーを持ちます。その強さは、ご自身の体や家族など周囲に影響を与えますが、幸いなことにあなたは命式内に水質をたくさんお持ちです。それによって、強すぎるエネルギーが見事にコントロールされています。

しかしそのエネルギーは無くなったわけではなく、あくまでもコントロールされている状態ですので、後天運によっては強さが表面化する場合があります。

特にあなたの大運の流れとしては、中年期までは日干エネルギーが弱められる運気でしたが、晩年に向かっていくにつれ、エネルギーが強くなっていく傾向です。55才あたりからは、あなたの強さが表面化してくるでしょう。

若年期と中年期は天極星と天馳星ですので、力量としてはほとんど発揮できないとお感じになっているかもしれませんが、あなたの力は晩年期に発揮できます。

つまり、大器晩成型ということです。

 

強いエネルギーをこれから有効活用するために、若いあなたが現在心掛けることは、やはりたくさんの経験を積むこと、に尽きます。

宿命の陽転順位は5位ですので、人生は陰転傾向。宿命通りに生きにくい方ではあります。が、陽転も陰転もどちらが良い悪いということはありません。むしろあなたの場合、陰転傾向で助かった面があります。丙午はそれぐらい強い干支ですし、天将星を持つ方は若いうちの苦しみは将来プラスになることの方が多いからです。

 

様々な苦労や葛藤を経験することで、あなたはどんどん磨かれていきます。天将星持ちは、若い頃にどれだけ錬磨されてきたかで、将来役に立つ人間か、はた迷惑な我が儘老人になるかが決まります(笑)

あまり選り好みせずに、仕事や趣味でも、様々なジャンルの経験を積みながら世の中や人間を知っていくことをお勧めします。

年を重ねるにつれ、あなたは自然と精神世界へ傾倒していくタイプですので、いずれは精神世界で力を発揮することが、人生の美へと近づく秘訣です。

例えば現在算命学を学ばれているようですが、可能であればそれをしっかり続けてライフワークとし、少しずつ周囲の悩んでいる方々へのお役に立つことを心掛けると良いでしょう。若い頃の様々な経験と苦労は、人様の相談にのるときに必ず活かせます。

 

また、あなたの影星は鳳閣星です。

新たな展開を生む力があり、先祖から健康と長生きする寿命を恩恵として受けています。

教養を積むこと、おおらかに楽しみながら生きていくことが大事です。そうすれば、そんなあなたにどんどん人がついてくるようになります。

人々を引っ張っていくこと、それが天将星の宿命です。

 

 

体験鑑定は以上となります。

これから算命学の勉強を深めることで、ご自身の事もよく分かってくると思います。

若いあなたのご活躍を心よりお祈りしております。

 

創喜塾認定鑑定士 冴夜 2019/12/22

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です