セラファム創喜の算命学ブログ

わいわいがやがやの輪に入れない人

飲み屋さんで皆が盛り上がっている時、いつも一歩引いて冷静沈着な人っていませんか。この間、テニスの錦織選手が全豪オープンでベスト8に入ったとき受けたインタビュー。客観的なもの言いで、冷静に反省していました。もっと、興奮していても良いと思いませんか。では、なぜ彼は冷静沈着なのでしょう。算命学から見ると、自分のエネルギーの中に天中殺範囲のエネルギーを持っているからです。具体的には、生まれた月がその天中殺の時期だったのです。これを専門的には正月(せいげつ)天中殺と言います。

このエネルギーを持った人は、周りで起こる現象を、いつもガラス越に見ているのと同じ状態なので、客観視できるのです。ですから、カラオケなどに行っても、人から無理やり勧められれば歌いますが、自分から積極的に歌うことはありません。人が歌うのを見ているのです。だからと言って、つまらないとか思っているのでもありません。

結構、皆が盛り上がっている様子を見て楽しんでいるのです。

ですから、こんな人が友達にいる場合、どんなことを言ってもしても無駄ですから、無視して盛り上がれる人のペースで、どんどん盛り上がれば良いのです。

ちなみに、正月天中殺を持っている人と持っていない人が結婚した場合、その夫婦と社会の間で少しギクシャクした問題が起こります。でも大丈夫、原因は正月天中殺ということがわかっているのですから、解決策が見つかります。

 

2012-02-22 創喜

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です