通信講座受講生の体験鑑定

1967年9月30日生まれの女性

【命式表】

 

  丁 己 丁          貫索星 天南星

辰 酉 酉 未 寅    禄存星 禄存星 鳳閣星

巳 辛 辛 己 卯    天貴星 鳳閣星 天貴星

      丁

      乙

  34 46 44

 

大運初旬3才:庚戊 2旬目13才:辛亥 3旬目23才:壬子 4旬目33才:癸丑

5旬目43才:甲寅 6旬目53才:乙卯 7旬目63才:丙辰 8旬目73才:丁巳

9旬目83才:戊午

 

総エネルギー208  排気量9.33     車幅76   スピード  0.37

 

この方は相談内容が書いていなかったので、どんな悩みを抱えているのかを探ってみましょう。

 

陰占命式の特徴

・辰巳天中殺:思考がすぐに現実と結びついてしまうので、超現実主義者。

・日干→月支 火剋金 陽転条件2位なので陽転傾向

・日支と月支が洩天地比、自刑:家庭内でのトラブルが多くなったり、絶えずもめているような状態

・全柱陰干支:精神性の強い人。

・時墓格、福徳秀気格、破財局、三麗局、連財局

・親克型

・2連変化:禄存星2つ

・極星:禄存

 

この方の悩みの根本は、家族関係と、育った環境にあるようです。

辰巳天中殺は家系のはみだし者ですから、日干が月支を剋すのは矛盾がありませんので、陽転傾向になります。ただし、家系と自分との間に何らかのトラブルを起こした後に家系を離れるという意味ですから、若年期に親族と何かしらのトラブルがもとで家をでたりしている可能性があります。

命式も日支と月支が洩天地比、自刑で、家庭内でのトラブルが多くなったり、絶えずもめているような状態を示しています。他人とは和合できるのに、身内は上手くいかないのです。

 

3歳から始まる大運には西方・中央に害、東方に庫気刑・破が巡り、家庭ではストレスが溜まりやすく、人生のスタートは苦しいものになっています。

子供の頃の運気は親にも影響がありますので、親御さんが共働きか、片親などで寂しさや我慢することが多かったのかもしれません。または自分が病気がちだったことも考えられます。

目上の人との関係も良いとはいえませんでしたので、学校の先生と合わなかったり、親にも反抗していたのかもしれません。

車幅76 スピード0.37と標準を上回っていますので、周囲への影響は大きく、本人も自分自身のコントロールが難しかったでしょう。

若くしてこの時期に悟りや自己確立が巡っています。辰巳天中殺の人は精神世界が虚になるので判断基準は結果が全てで、体験から人生を学んでいきます。

嫌な経験は引きずることになりますから、若い頃の体験が今も根底に流れて、悩みに繋がっている可能性があります。

 

この方の命式には正母はおらず、偏母が1人、偏父が2人いますので、親とは縁が薄い人となりますし、親克型ですから、親子のシーソーゲームが起こっていたと考えられます。

現在ご結婚されて家から出ているのであれば、本来の陽転傾向になっていますが、親と同居している場合は陰転傾向になりますので、別に暮らすことをおススメします。

 

親と縁が薄く幼少期の想い出に辛い体験があったしても、それは宿命に沿って生きているので、今となれば陽転条件に当てはまります。

禄存星の2連変化により貫索星が生まれ、愛情や財産問題などに関し、意地っ張りな人となります。思い込みが激しく、それによって行動してしまいがちで、相手を自分のペースで動かそうとしますから自分自身を律することも必要です。

この方の命式には同性の姉妹が2人いますから、姉妹が支えになるでしょうが、いない場合は、代わりになるような人をそばにおきましょう。

 

運気の流れをみてみましょう。

大運53才からは西方に対沖、中央に天剋地沖が巡ります。来年接運になりますので、今から健康管理をしっかりなさって下さい。この大運は何かと変化の多い10年になります。

結婚されているのなら離婚しないように気を付けてください。晩年は配偶者が頼りになります。結婚していないようであれば、今後パートナーを探すのもよいでしょう。

この方は福徳秀気格の陰火格に入格しています。

三合会局が成立しますので、運気(福運)が相当大きくなりますが、後天的に廻る干支によっては凶運になる場合もあります。巳・丑が巡る時は注意が必要です。

 

人生のパターンとして、年運に丑か巳のどれかが廻ると、月運には必ず巳か丑が廻りますので、年運に丑が廻る年の5月、年運に巳が廻る年の1月が陰火格の成立です。

後天運で丑、戌が巡ると良いことと悪いことが交互に起こります。

また天中殺の辰の年には西方、中央に支合、巳の年に西方と中央に半会が巡ります。

広がりや前進力が出ますので何かと積極的に動きたくなりますが、天中殺ですので受け身で過ごすようにしてください。

63歳からの大運は天中殺が巡りますが、晩年に向け人生が明るく開けてきます。

大運、年運は無料アプリで確認することができます。

創喜塾HPの無料アプリhttps://soukijyuku.app/sanmei/free/

 

この方の人生を輝かせる星は禄存星ですが、因縁をも引き寄せてしまいますので、因縁を消化することがポイントとなります。

因縁を消化するためには、自己を高める努力が必要です。自分の教養を高め、知性を身につける生き方で運が上がっていきます。

また、自刑の所有者は何となく孤独感を味わうことになりますので、改善策は人とあまり深く付き合わず、付かず離れずの関係を維持することが必要です。

人生に無駄な経験はありません。むしろ痛みを感じている人のほうが懐が深くなりますから、この方の主星である禄存星の愛情、奉仕が真から輝いてくるでしょう。

 

鑑定は以上になります。よろしくお願い申し上げます。

 

鑑定士 菊桐媛子 2019/12/20

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です