ブログ子育てブログ

今日(2020・4・2)生まれの赤ちゃんの育て方

貴女の赤ちゃんの霊魂(宇宙エネルギーの配合)図(命式表)です。
 
  乙 己 庚         牽牛星 天胡星
申 亥 卯 子     玉堂星 貫索星 龍高星
酉 壬 乙 癸     天極星 禄存星 天禄星
  甲    
       
  12 16 37

☆育てる環境
貴女の赤ちゃんは、なかなか本質が見えづらいので少し難しい育て方になります。
伝統や形式を重んじるような古風な家庭で育ったり、上流階級の家庭あるいは品格を重んじたり、礼儀作法にうるさい祖父母がいたりするような家庭で育てられると運が伸びます。
そのような環境にない場合は、厳格な規律のもとで教育してくれるような学校に入れたり、小さいころから礼儀作法を大切にする伝統的な習い事をさせたりすると、運が伸ばせるでしょう。

〇赤ちゃんの特徴と育て方

★考え方の基本
意味的には次代を担う者であり、後継者の座ということになります。
そのため、しっかりとした自己形成が必要で、現在の時代や環境に左右されるようでは、後継者の座を守って行くことはできません。
性格的には、子供の頃から他を攻撃することはせず、極めて温厚です。
他から攻撃を受け、性格の根源となっている自我や頑固さが、「守り」という具体的な形として現れるため、攻撃の無い恵まれた環境では本質である「守り」を発揮できません。
思考の基本は、自分を中心に据え単独で守る、という守備本能ですから、どんな環境にあってもマイペースを崩さず、自分の世界を築くことにあります。
自分のペースを乱すような悪い環境から多くの体験を重ね、何かをつかむことで自分の世界を作り上げて行きますので、体験の有無や多少が大人になってからの考え方に大きく影響します。

★現象
思考の形成がゆっくりで遅いため、子供の頃は個性があまり目立たず、特技や才能が表に現れにくくなってしまいます。
それが現れてくるのは、早くても10才~13才(小学生高学年~中学生にかけて)頃になってしまいます。また、家族の構成や生活レベルなど、周囲の環境で思考の内容も大きく異なります。
☆育つ時の周りの環境
〇静(平穏)の環境で育った場合
子供中心の生活を営む安定した家族の中で育つと、周囲の状況を気にする必要がなく、マイペースで自分だけの世界を作って行けるため、自己を確立するのが遅れます。
考えなくても平和を保って行けるので、考えることもいつしか止めてしまいます。
そのため、大人に成りきることが出来ず、人間性が幼稚で駄目な人になりやすく、わがままで我が強く(頑固)、図々しい考え方をする人になってしまいます。
中年以降になると頑固さはさらに増して、思い込みの激しい意固地な人となります。
〇動(あわただしい)の環境で育った場合
家を何度も引っ越したり、いつも他人が出入りしたりと、自分のペースを守れないような環境に置かれると、守備本能の本領を発揮して、平穏で安定した生活を作り上げるため、自分の生き方を真剣に考えるようになります。
そのため、自己を確立する年齢が早まります。
言い換えれば、落ち着きのない恵まれない環境で育てば、貫索星の「守り」の本能が自分を守るために正常に発揮され、宿命に矛盾なく成長して行きます。

〇赤ちゃんの将来像

乙亥 日生まれの赤ちゃん
将来、兄弟と手を組んで事業をするか、身内で固めて事業をすると良いでしょう。
しっかりとした教育を身に着けた場合は、学者とか技術者になればある程度の地位は確保できます。
いつもは大人しく見えますが、一度壁に突き当たっても力強くその壁を突破する底時からがあります。
未来余地の霊感能力もあり、協調性もあります。
もしこの子が男の子に恵まれても、その子は後を継ぎにくいでしょう。
本人も配偶者のお嫁さんの実家に引っ張られやすいので、結婚後はあまり実家に寄り付かないと思ってください。

◎結論
貫索星の子供を過保護に育てるのは、『禁物』です。

※注:この子の育て方は、男の子・女の子供に共通です。
年齢が進んで、進路を決めたりする時期などになりましたら、冒頭に書きました命式表を参考にして下さい。
また、算命学を勉強すれば、お母さん自身で判断出来るようになりますので、興味があれば当塾の算命学学習テキストなどで、算命学を習得することもご検討ください。